長く付きあうカップルなら確実に訪れる倦怠期を上手に乗り越える方法をご紹介。

アダルト・風俗から便利情報まで発信 ひとひら

倦怠期を乗り越えるために

リラックスして相手と自分を見つめ直すことが大切

男女の付き合いが長くなると避けられないのが倦怠期。
相手のことは好きなんだけど、一緒にいるとイライラしたり
会うのがちょっとめんどくさい…
こういったマイナスの感情が出てきますよね。
倦怠期が長く続くと最悪別れてしまうこともあります。
そこで今回は倦怠期を上手に乗り越える方法をご紹介。
大事なパートナーがいる人はぜひ参考にしてみてください。
そもそも倦怠期が起こる理由は恋愛感情に関わるセロトニンの濃度や
恋愛ホルモンであるフェネチルアミンが減少する為といわれています。
人間の脳は子供を作る為の恋愛期間として1~2年としていて、
その期間を過ぎると恋愛気分が落ち着いていきます。
人に恋をしている時は気分が高揚したり落ち込んだりと、
気分の変動が激しくなります。
変動が激しいと脳と体に負担をかけるので、
それを避けるために倦怠期が存在するのです。

倦怠期中のカップル

倦怠期について理解したところで
やってはいけない行為について説明します。
まず無駄なケンカを避けること。
倦怠期中は相手への思いやりが欠ける時期です。
この時期に相手にムダに突っかかったり、
相手を傷つける言動は避けるようにしましょう。
そして、めんどくさいからといって手抜きするのは禁止。
付き合いが長くなるにつれて身だしなみを整えなかったり、
手抜きをしたりと、全てが手抜きがちになります。
そうすると相手の嫌な部分ばかり見えてしまうので
慣れたからといって手抜きはしないようにしましょう。
それではここから倦怠期の上手な乗り越え方について。
まずは相手を見直す所から始めましょう。
リラックスした環境を作り相手が自分にしてくれたことや
良い所を見直してみましょう。
そして自分を振り返ります。
相手にとっていた態度や言動を振り返ることで
自分の悪い所も見えてきますよね。
あえて距離を取って会わない期間を作るのもオススメです。
そうすることで相手の必要性を感じることができます。
また、共通の趣味を持つことで楽しい気持ちを共有できます。
旅行に行ったりスポーツをすることで
相手への想いが復活するはずです。
上手な倦怠期の避け方についてまとめましたが、
参考になりましたか?
人間の感情は変わりやすいものです。
自分自身を見つめ直して相手の想いを再確認してみましょう。